サイト内検索

三洋育苗シートのセルトレイ育苗への適用検討

今回は三洋育苗シートの少し変わった使い方の検討例をご紹介いたします。
三洋育苗シートをセルトレイ育苗に適用可能なのではと考え、検討を行っております。

三洋育苗シートについて

育苗シート外観

三洋育苗シートはもともと水稲育苗用に開発されたもので、高吸水性樹脂(SAP)をパルプシートで包みこんだ、縦573㎜×横275㎜の長方形のシート状になっています。

水稲の根がパルプによく絡み、SAPが育苗箱に潅水された水分をキープするため、根張りが大幅に改善されます。 

三洋育苗シートは元々は、水稲育苗用に製造 販売しているものなのですが、そもそも、育苗シートに含まれる高吸水性樹脂は土壌保水剤としての機能、使用実績があるものなので、「育苗シートも他の作物の栽培にも使えるのでは?」と考え、現在検討を開始しております。

育苗シートあり(水稲) 

育苗シートなし(水稲)

セルトレイ育苗について

家庭菜園などで野菜を種から育てたことのある方ならセルトレイを用いたことがあるという方もおられると思います。 

セルトレイは細かい区画に分かれており、複数の野菜の苗を同時に育苗できるので大変便利です。
筆者の場合は、3号ポットに種子を複数まいて育苗することが多いのですが、間引きするのがもったいなくて、いつも鉢上げして別々のポットに分けて育ています。
最初からセルトレイを用いておけば、各区画に1粒ずつ種をまくことができるので間引きしなくても大丈夫です。 


セルトレイの外観: 様々なサイズが存在します 

便利なセルトレイ、でも水やりを忘れると。。

育苗に便利なセルトレイではありますが、週末に家庭菜園を楽しむような方にとっては、平日忙しくてついつい水やりを忘れてしまうことも時折あるかと思います。セルトレイは一区画のサイズが小さいため培土量が少なく簡単に水が切れてしまうため、水やりを怠ると、乾燥して発芽しなかったり、苗が枯れてしまったりします。 

乾燥して発芽率がよくなかったケース 播種直後に出張があったため水やりできなかった。。 

三洋育苗シートのセルトレイ育苗への適用検討

そこで三洋育苗シートを用いて、セルトレイの保水性を向上させることを目的として、検討を開始いたしました。

セルトレイの下に三洋育苗シートを敷いて潅水すれば、培土が保持しきれない水分を育苗シート中の高吸水性樹脂が代わりに保持してくれるようになります。セルトレイ中の培土の水分が減少してくると、高吸水性樹脂から培土へ水分が移行するため乾きにくくなり、潅水を忘れてもある程度は苗が枯れにくくなると考えられます。

セルトレイ育苗の検討経過

育苗シートあり(水稲) 

育苗シートなし(水稲)

実際に使ってみたところ、シートを敷いているものは培土が乾燥しにくくしっかり生長しているような印象を受けました(写真では少しわかりにくいですが)。セルトレイは様々なサイズで販売されていますが、育苗シートはサイズが比較的大きい水稲育苗箱にあわせて生産されているため大抵のセルトレイには適用することが可能です。複数枚つなげて用いればさらに大きいサイズのセルトレイにも対応できます。

 
水稲育苗箱の中にセルトレイを設置して育苗

引き続き、三洋育苗シートのセルトレイ育苗への適用検討を続けていきます。

関連情報

  • 高吸水性樹脂
  • 三洋育苗シート

三洋育苗シート農作業体験レポートその1(床土、潅水、播種、覆土)

注意事項
ここに記載された情報は、弊社の最善の知見に基づくものですが、いかなる明示または黙示の保証をするものではありません。
①すべての化学品には未知の有害性がありうるため、取り扱いには細心の注意が必要です。本品の適性に関する決定は使用者の責任において行ってください。
②この情報は、細心の注意を払って行った試験に基づくものですが、実際の現場結果を保証するものではありません。個々の使用に対する適切な使用条件や商品の適用は、使用者の責任においてご判断ください。
③この情報は、いかなる特許の推薦やその使用を保証するものではありません。