アミノアルキルメタクリレート誘導体モノマー『メタクリレート』シリーズ

三洋化成のアミノアルキルメタクリレート誘導体モノマー
『メタクリレート』シリーズはここがすごい

1

ポリマーへのカチオン基の導入による各種機能付与(親水性、帯電防止性 等)

三洋化成の『メタクリレート』シリーズは、分子内に二重結合と第3級アミノ基または第4級アンモニウム基を有したアミノアルキルメタクリレート誘導体モノマーです。単独での重合または他のビニルモノマーと共重合させることによって、水溶性や親水性、帯電防止性や導電性、アニオン性化合物との吸着性や反応性などを有したポリマーが得られるため、これらを付与する高分子改質剤として有用です。

2

重合性

アミノアルキルメタクリレート誘導体モノマーメタクリレート』シリーズは、いずれも単独での重合や他のビニルモノマーとの共重合が可能です。重合は、通常のアゾ系や過酸化物系のラジカル開始剤の他、紫外線、熱などで容易に開始させることができます。

『メタクリレート』シリーズは、ポリマーへのカチオン基導入による機能付与が可能な、アミノアルキルメタクリレート誘導体モノマーです。
*1 ハイドロキノンモノメチルエーテル(ラジカル重合禁止剤)
注 1) メタクリレート DMAの姉妹品としてMEHQを 2,000ppm 含有したメタクリレート DMA-200も取りそろえています。
注 2) 記載値はいずれも代表値です。
商品名 化学構造式[化学名] 備考
メタクリレート DMA
[2-(ジメチルアミノ)エチル=メタクリレート]
MEHQ *1
1000ppm含有
メタクリレート DMC-80
[メタクリロイルオキシエチルトリメチルアンモニウムクロリド]
78.5質量%水溶液

MEHQ *1
2000ppm含有
メタクリレート DMB-60


[メタクリロイルオキシエチルジメチルベンジルアンモニウムクロリド]

59質量%水溶液

MEHQ *1
290ppm含有


三洋化成のアミノアルキルメタクリレート誘導体モノマー
『メタクリレート』想定用途例

『メタクリレート』シリーズによる付与が期待できる機能

アミノアルキルメタクリレート誘導体モノマーメタクリレート』シリーズは、分子内に二重結合とカチオン基を有しており、単独での重合または他のビニルモノマーと共重合させることによって、得られるポリマーにカチオン基による以下の性質を付与する用途に用いられています。

・ 親水性の付与(親水性や親油性をコントロールしたり、水溶性にできる)
・ アニオン性化合物(酸性染料など)に対する反応性や吸着性の付与
・ 負コロイド(下水汚泥、セルロースなど)に対する凝集性の付与
・ 帯電防止性、導電性などの電気的特性の付与

『メタクリレート』シリーズの想定用途例

高分子凝集剤

高分子凝集剤(カチオン性モノマーの重合物)

高分子膜、イオン交換樹脂

電気透析や逆浸透用の高分子膜、イオン交換樹脂など(カチオン性モノマーの三次元架橋物)

カチオン系塗料

住宅などの外装・内装のスレート、コンクリ、モルタルなどの表面の下地処理材

化粧品用途

ヘアケア製品のコンディショニング剤など

医療用途

医療用途徐放性製剤、医療用チューブなど

廃水処理材

排水処理剤(カチオン性モノマーとパルプなどのセルロースとのグラフト重合物)

紙用薬剤

紙力増強剤、抄紙時のろ水性・ 歩留り向上剤などの紙用薬剤(カチオン性モノマーの重合物)

※各用途における適性および安全性は、使用者の責任においてご判断ください。

三洋化成のアミノアルキルメタクリレート誘導体モノマー
『メタクリレート』主な特性値 

主な性状と物理的性質

アミノアルキルメタクリレート誘導体モノマー『メタクリレート』シリーズの主な性状と物理的性質を下表に示します。

   記載値はいずれも代表値です。
商品名 メタクリレート DMA メタクリレート DMC-80 メタクリレート DMB-60
化学品名 2-(ジメチルアミノ)エチル=メタクリレート メタクリロイルオキシエチルトリメチルアンモニウムクロリド
(78.5質量%水溶液)
メタクリロイルオキシエチルジメチルベンジルアンモニウムクロリド
(59質量%水溶液)
外観 無色液状 無色液状 淡黄色液状
ハーゼン単位色数 10 10 20
純分 質量% 99.8 78.5 59.0
pH (製品そのもの) 6.0 8.0
比重 (20℃/4℃) 0.94 1.11 1.09

化学的性質

メタクリレート』シリーズは、いずれも単独での重合や他のビニルモノマーとの共重合が可能です。重合は、通常のアゾ系や過酸化物系のラジカル開始剤の他、紫外線、熱などで容易に開始させることができます。


メタクリレート DMA、メタクリレート DMC-80のQ、e値、他の各種ビニルモノマーとの共重合反応性比r1およびr2をそれぞれ示します。

アミノアルキルメタクリレート誘導体モノマー『メタクリレート』のQ、e値
   
商品名 メタクリレート DMA メタクリレート DMC-80
Q値 0.68 1.49
e値 0.48 0.27
アミノアルキルメタクリレート誘導体モノマー『メタクリレート』の共重合反応性比
   
モノマー1 モノマー2 r1 r2
メタクリレート DMA スチレン 0.37 0.53
メタクリレート DMA 酢酸ビニル 15.6 0.035
メタクリレート DMA n-ブチルアクリレート 1.61 0.61
メタクリレート DMA 2-エチルヘキシルアクリレート 1.59 0.63
メタクリレート DMA メチルメタクリレート 0.88 1.12
メタクリレート DMA 塩化ビニル 29.7 0.03
メタクリレート DMC-80 アクリルアミド 1.71 0.25

なお、『メタクリレート』シリーズは、いずれも加水分解することによって相当するアミノアルコールとメタクリル酸を生成します。また、他のアクリレートやメタクリレートと同様に二重結合への付加も受けます。

使用上の注意事項

 配管などに残存したままで放置しますと、重合してゲル状となり配管などを詰まらせる恐れがあります。使用後は水などで十分に洗浄してください。

本品を取り扱うにあたっては、本品および副資材(化学品)の「安全データシート」(SDS)を事前に必ずお読みください。なお、SDSはこちらからも入手できます。 https://www.sanyo-chemical.co.jp/products/sds/

関連情報・トピックス

関連製品


注意事項
ここに記載された情報は、弊社の最善の知見に基づくものですが、いかなる明示または黙示の保証をするものではありません。
①すべての化学品には未知の有害性がありうるため、取り扱いには細心の注意が必要です。本品の適性に関する決定は使用者の責任において行ってください。
②この情報は、細心の注意を払って行った試験に基づくものですが、実際の現場結果を保証するものではありません。個々の使用に対する適切な使用条件や商品の適用は、使用者の責任においてご判断ください。
③この情報は、いかなる特許の推薦やその使用を保証するものではありません。