ワックス入門

ワックスの定義と分類

ワックスはロウ状の物質を表す総称であり、その定義は「(1)常温で固体または半固体のもので、融点が40°C以上あり、(2)加熱すると分解することなく溶けて、粘度の低いもの」です。

ワックスはさまざまな原料から構成され、大別すると天然ワックス、半合成ワックス、合成ワックスに分類されます。

合成ワックスの特長と分類

ワックスの用途は多岐にわたり、化粧品、印刷インキ、化学紙、タイヤ、フローリング、接着剤などの多くの工業製品、日用品の原料や添加剤として使用されております。

なかでも合成ワックスは、組成制御が比較的容易で溶融粘度などの物性をコントロールしやすく、多様なニーズに対応できることから、塗料、インキ、接着剤などの工業用原料などに多く使用されております。

合成ワックスは、その製造方法から、重合型と熱分解型に分けることができ、重合型はエチレンモノマーの単独重合物やエチレンとほかの極性モノマーを共重合した変性タイプの低分子量ポリエチレンがあります。また、熱分解型は、高分子量のポリエチレン樹脂やポリプロピレン樹脂をラジカルにより分解した低分子量化物です(図1)。 

合成ワックスの特徴

重合型と熱分解型ワックスの構造上の特徴

製造方法 熱分解型(当社品) 重合型(高圧) 重合型(低圧)
分子量分布
Mw/Mn
広い 狭い 狭い
立体構造 長鎖分岐含有 短鎖分岐含有
(通常メチル基)
長鎖分岐含有

弊社ポリエチレン、ポリプロピレンワックスの主要ラインナップ

当社は、日本国内で初めて合成ワックスの工業化に成功した低分子量ポリエチレン『サンワックス』シリーズや、その技術を応用した低分子量ポリプロピレン『ビスコール』シリーズを製造・販売しております(表2、3)1)。

『サンワックス』・『ビスコール』シリーズの特長

  1. 天然ワックスと比較して高軟化点、高結晶
  2. ポリオレフィン樹脂との相容性に優れる
  3. 熱分解型のため分子量分布が広い
  4. ポリオレフィン以外の樹脂とも相容しやすい(図2、表4)

また、熱分解の工業プロセスは重合型の工業プロセスと比較して少量生産にも適しており、さまざまなニーズに細かく対応することができます。

ポリエチレンワックス「サンワックスシリーズ」の主要ラインナップ

試験方法
色数:ハーゼン法、 融点:DSC法、 溶融粘度:140℃、 分子量:高温GPC法
品名 サンワックス
161‐P
サンワックス
131-P
サンワックス
151-P
サンワックス
171-P
特徴 高分子量 中~高
分子量
小~低
分子量
低分子量
外観 白色粉末 白色粉末 白色粉末 白色粉末
色数 30 30 30 30
融点(℃) 103 102 101 100
溶融粘度
(mPa・s)
4300 1000 290 180
分子量
(Mw)
27000 20000 13000 10000
主な用途 顔料分散剤、フィラー分散剤、流動性向上剤

ポリプロピレンワックス「ビスコールシリーズ」の主要ラインナップ

試験方法
色数:ハーゼン法(*ガードナー法)、 融点:DSC法、 溶融粘度:160℃(**140℃)、 分子量:高温GPC法
品名 ビスコール
330‐P
ビスコール
440-P
ビスコール
550-P
ビスコール
660-P
ビスコール
LM-500
(開発品)
ビスコール
LM-600
(開発品)
特徴 高分子量 中~高
分子量
小~低
分子量
低分子量 高分子量
低融点
高分子量
低融点
外観 白色粉末 白色粉末 白色粉末 白色粉末 淡黄色粉末 淡黄色粉末
色数 200 200 200 1 1 1
融点(℃) 145 144 139 136 125 119
溶融粘度
(mPa・s)
4000 1800 200 70 1400 100
分子量
(Mw)
40000 27000 13000 10000 30000 9000
主な用途 顔料分散剤、フィラー分散剤、流動性向上剤